-STILL A BLACK STAR PROJECT-
 僕が考える、Still A Black StarとSustainable Capitalismのゴールとは
 それはガーナの国旗の黒い星をキラキラに輝かせる為にある。
この消費社会で生じた闇からの解放、彼らの心にある星を輝かせたい。
そしてこの星が輝くことは世界で抱える社会問題解決の糸口に繋がり、
これから世界がサステイナブルの精神を持って発展していく我々にとっての明るい未来の指標になると信じている。

 世界では異常気象に、コロナウイルスによるパンデミック、また化石燃料を主とした資源価値の暴落、
世界恐慌の足音さえ聞こえる2020年の幕開けになってしまいました。
 これは経済が警鐘を鳴らす危機なのか? それとも地球が鳴らす警鐘なのでしょうか?

答えはその両方だと思うのです。
私がアートで描くこの世界の歪みの喚起忠告は、決してガーナのスラム街を救うためだけに留まらず。
これからさらに広がるであろう、環境問題を軽視して安易に発展してしまった、
このスーパーアンバランスな人間社会全体に向けた発信なのです。

そこで今回の一つの世界最悪のスラム街を救う事は、全世界の危機を救うきっかけになるはずなのです。 

この3万が住む小さなスラム街には、
これから我々先進国民が総力で解決しなくてはならない全社会問題が存在しているのです。
環境汚染、人権侵害、経済格差、人種差別、教育、衛生問題、数え出したらキリがない、
今日も我々の変わって、先進国から送り込まれる電子廃棄物の処理を命を削って代行してくれています。

ここで私は改めて申したいのですが、
私は慈善活動家でもなく、秀でた絵描きでもなく、有能な経営者でもない、
どのカテゴリーにも当てはまらないのですが、この美しい地球に住まさせていただいている一人の人間として、
精一杯我が画業人生を賭け、未来の子供たちにこの美しい地球をひとりでも、1日でも多く見せてやりたいのです。

これが私が今日の社会にアート活動をする唯一の原動力であり、
この野蛮な資本主義経済、競争原理ファーストな社会を終わりにさせたいのです。 

この社会の高度な発展の全ては、エネルギー源の転換で成り立った、
問題はそのほとんどのエネルギー源が石油由来のもの。 
石油製品が日常に使われるようになって半世紀、
この使用量に比例するように、我々先進国の豊かさは成長してきました。 

 
しかしそれは幻の経済成長だったのです。持続性の無い経済成長だと、我々は気づきました。
それに気づいて欲しい様に、母なる地球はあらゆる手で我々に警笛を鳴らし続けているのです。
我々人間と言う、高知能な生命体が忘れていた、もう一つの社会的成長の発展が必要だったのです。
むしろ必然にならなければならいこと。

「Sustainable 持続可能な社会形成」を、経済活動に、全企業の経営者、投資家、社員、先進国民が、
この概念思想を熟知して資本主義社会の形成を目指していかなければならない、必須項目だ。
種が土に溢れて、茎が伸び、沢山の葉をつけ大きな花を咲かせまた実になり、土に還り種になる植物たちの様に、
自然の摂理に反する事の無い。

「Sustainable Capitalism」を我々の経済社会へ導入しなければならない。
その様なシステムを全経済を引率するリーダー及び、若き志願者たちは
その地頭にこのサスティナブルの基本概念を焼き付けて経済活動、社会活動をして頂きたい。

そんな決意を胸に今日もガーナに投棄された電子廃棄物をキャンパスにあてがいアトリエで絵を描いています。

このガーナのスラム街の問題はこの我々の社会の根底が作り上げた歪みであり、
決して遠いアフリカの異国の地の話ではないのです。
現に今日もガーナから拾われ送られててきニンテンドー64のコントローラーがアトリエにあります。
僕は確実に20年前の子供の頃、夢中になって握りしめたコントローラーがまたここに送り返されてるわけですから、
このコントローラーは僕かもしくはあなたがかつて握ったものであるかもしれません。

この現状を全世界のみんなに知って欲しい、
そして、ある日本の先進国の人間がサスティナブルの精神、CSV=Creating Shared Valueの概念思想を用いて、
社会問題を解決していく、ポジティブなドキュメンタリー映画ハリウッドで公開したいのです。

ハリウッド公開の切符まであと少し。
現地のスラム街で約2カ月にも渡るハリウッドクルーと立ち向かった正真正銘のドキュメンタリー映画、
エミー賞ドキュメンタリー賞受賞監督カーン氏との共作の映画ぜひ、応援よろしくお願いします。
このスラム街の社会問題を解決すべき奮闘した2カ月間を体験する事ができます。

この公開が意味する事は、
この社会問題を世の中に公開する事により、2030年までに有効な抜本的解決案を彼らに提供したいのです。
私が考えているのはつまり、
2030年までにこの地に100億円以上を集めて最先端のリサイクル工場を彼らにプレゼントする事なんです。

だってこの地に、電信機器のゴミが届かなくなったら、、、彼らの仕事は将来どうなるのでしょう?

ならば、この世界中から集まるゴミの集積ネットワークそのままに、
このガーナ人のパワフルな労働力を工場に総動員し、
このガーナ世界最悪の電子機器墓場の街を公害のゼロのサスティナブルタウンへと変貌させたいのです。

長文のコメントになってしまい、大変申し訳ないですが、熱量を抑える事ができませんでした。


こちらから映画Still A Black Star の予告編が見れます。 

クラウドファンディングは、こちらから支援できます。

クラウドファンディング締め切りまであと1週間、94人の応援を頂き、目標金額の26%まで達成できました。
残りの1500万円ほど公開まで足りていません。
リターンは、ほぼ全て僕の一点物の原画か、子供達が描いた絵画などの販売から構成されています。
※子供達が描いた原画の10パーセントの現金は作家本人に直接手渡されます。

 日進月歩、手を休まず絵を描き続けますので、
このコメント記事を読んでくださった皆さん、地球人として熱いシナジーを感じてくれた方、
是非ガーナを救う大きなビジョンを僕と一緒に絵描いていだけませんか?

ガーナのスラムを救うこの活動に参加する事は、
すなわち明日の美しい地球と我々の子供たちの未来を作り上げるためになります。

我々地球人が地球に出来る事。
ここまで読んでくれた方に感謝、これから支援してくれる方にも感謝します。

美術家 長坂 真護


--- 追伸 ---
2020年3月17日、目標を大きく上回り31,320,781円の支援金を集めることができました。
そしてCAMPFIRE映画部門歴代1位までも獲得することができました。
ご支援いただいた395人の皆さまの熱い気持ちの蓄積がもたらしたものです、本当にありがとうございました。
この達成は、映画の始まり、また、これから始まる困難も試練も絶対に乗り越えて、
2030年までに100億円貯めて、リサイクル工場を彼らにプレゼントします!


THE GOAL OF “STILL A BLACK STAR” AND “SUSTAINABLE CAPITALISM”
I think the goal is to turn “the black star” in the middle of the Ghanaian national flag into a brightest shining one. I wish to release them from the darkness created by high- consumption society. I want to make the stars inside peopleʼs heart sparkle. I believe the spirit of sustainability would lead the world to advance and become an indication for our brightest future.
The year 2020 started out to be the toughest one throughout the world. Abnormal weather, a new coronavirus outbreak, significant price fall of resources, mainly fossil fuels, and itʼs like we almost hear footsteps of global depression creeping upon us. Are these crises the red alert from the economy? Or the grave warning from the earth?
The answer is both, I think. My artistic creations on the world distortion are the evocation not only to save the slums in Ghana. They are expressed toward the whole super-unbalanced human society which had easily advanced without any deep thoughts about environmental issues. This project of saving the worst slum-town in the world could become a great chance to save the whole world from entire crises.
This small town of 30,000 people withholds every kind of social problems that are needed to be solved by the efforts of all the people in developed countries. Environmental pollutions, human rights violations, economic differences, race discriminations, education issues, sanitary problems, ... they are countless. Even right on this moment, the guys in the slum are substituting for us to dispose the electrical waste that are shipped from advanced nations.
I want to emphasize here that Iʼm not a philanthropist, a fabulous artist, or a talented businessman. I donʼt belong in any of the categories. Just as a person happened to be alive on this beautiful planet, I want to stake my life as a painter on the goal to enable the future children to still see the miracle of the earth. Itʼs the one and only motivation for my artistic actions, and I just want to put an end to this disgusting society of capitalistic economy with competition principles.
This society was highly developed by the transposition of energy source, and the problem is that most of the source derived from petroleum. Half a century had passed since we started using petroleum products on a daily basis, and linearly to the amount we use, we did become rich with economic growth.
However, it was a fake one. It wasnʼt a persistent growth. We finally realized it as the mother earth started warning us with every means for us to pay attention. What we needed was the growth of social developments. It was supposed to be crucial, but we human, thought to be one of most intelligent living creatures, had totally missed it.
“Sustainable Social Formation”
All kinds of people in developed countries, the company managers, investors, employees, everyone in the capitalism society must be well aware of this concept in their economic activities. It is essential. Itʼs like seeds spreading on the ground, stems growing with lots of leaves and big flowers blooming, changing into fruits, dropped to the ground and again returning to seeds. As the natural providence, we must introduce this kind of “Sustainable Capitalism” into our economic society. All the leaders and the young pre-leaders must impress this fundamental concept in their heads for their economic and social activities.
Holding these kinds of resolutions in my heart, I keep on creating art in my atelier, placing e-waste on the canvas.
The problem of the slum in Ghana is exactly the deformation created from the bottom of our society. It is not a faraway exotic story.
Indeed, there is a “Nintendo 64” game paddle, picked up in Ghana and sent to me, lying on the floor of my atelier. The gadget I once gripped in excitement 20 years ago as a kid is sent back to me now. Maybe it belonged to you.
I want everyone in the world to learn about the situation. So, I want to release a documentary film. A film created by some Japanese guy using the concept of CSV(=Creating Shared Value) to positively solve the social problem.
We are almost there, almost reaching for the chance to get it released in Hollywood.
This is a genuine documentary film co-produced with Kip and Kern Konwisers, Primetime Emmy Award winners, shot right inside the slum town for over two months. Please support us and watch the film. You would experience our struggle over how to solve the serious issues.
By releasing this film, I want to provide the people in the slum some effective method for fundamental solution by the year 2030. In another words, my actual aim is to collect about
$100,000,000 to build a cutting-edge recycling plant in Ghana. Why still Ghana? Because they still need a job. I think itʼs better to utilize the world-wide e-waste collecting network they already have. If the physically powerful workers of Ghana could get together in the plant, the worst e-waste graveyard of the world may turn into one of most sustainable town with zero pollution.
Sorry for ranting, but I couldnʼt contain my passion.

“Still A Black Star” preview

“Still A Black Star” crowdfunding
Our first crowdfunding ended up collecting 31,320,781 JPY(≒US$288,000) from 395 backers. Most of the rewards are my original paintings and Ghanaian childrenʼs drawings. (The children will receive 10 percent of the pledge.)
I will keep on painting and creating art every day. Anyone who read this statement and felt some strong energy inside you as an earthling, please join us to create the big vision together to save Ghana.
Taking part in this action would lead to saving the future of the earth and our children. What we can do to save this planet.
Thank you all for reading through, and I deeply appreciate for your future support.
Artist, MAGO Nagasaka


NHK BS1 キャッチ!「世界のトップニュース」 2019年4月22日放送